ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

押すと痛い目の下のくまはまず原因を特定することから始めよう

目の下に存在するくまの原因は、1つではありません。様々な原因が存在しますので、まずはその原因を特定することに力を入れた方が良いです。

特に押すと痛いような感覚になってしまうときには、病的な症状の前兆である可能性もありますので、どのような種類のくまができているのかを把握することが大切です。

まず、青い状態で若干黒ずんだ状態になってしまっているときには、血行不良が原因である可能性があります。この場合は、その人の健康不良を疑った方が良いケースも存在します。

基本的に、眼の下は皮膚が薄い場所でもありますので、目の疲れや血行不良が生じてしまうと、酸素不足になってしまったり血液が透けて見えてしまいます。

この原因は、主に身体的な疲れやストレスであるため、この状態になっている時に痛みを感じた際には病院で一度診てもらった方が賢明です。血行不良に繋がっている際には、特にこの症状になりがちなので身体的なバランスが崩れている可能性が高いです。

そのため、押すと痛いと感じるときには身体に何らかの不調がある可能性もあります。また、目の下のくまに黒い部分があるときには、病的な症状というよりかは脂肪のたるみによって生じたものであると判断できます。

人間の皮膚は、老化とともに衰えてしまいます。顔の筋肉が落ちてくると、目の下に直接的に影響が出てしまいますので、特徴的なくまがでやすくなってしまいます。

このタイプのものは、押すと痛いと感じたとしてもすぐに症状が収まることが多く、原因となっている脂肪を取り除けば比較的簡単に原因を排除することが可能です。

また、似たような理由として目の下のくまがでこぼこの状態になってしまっているケースもあります。これも、加齢によって周辺の皮膚の状態が変化してしまうからです。

皮膚の状態が変わると、それまでは目の周りに存在していた脂肪のバランスが変わりますので、押すと痛いと感じることがあります。これは、上記のような加齢による脂肪とは逆に、加齢によって痩せてしまって皮膚が薄くなってしまったことが原因です。

そして、最後の原因として考えられるのが色素沈着です。人間のくまは、メラニン色素という色素が沈着することで形成されることがあります。例えば、人間にはほくろや体毛が数多く存在しますが、こういった物質もメラニン色素によって構成されています。

つまり、黒っぽい色素で身体に構成されているものがメラニン色素になりますので、シミなどもその代表的な症状だといえます。こういったメラニン色素は、病気というわけではなく加齢によって生じてしまったり、紫外線を大量に浴びることで作られてしまいます。

実際に、メラニン色素は夏場の方が黒くなりますので、夏場に目の下が黒くなってしまっている場合にはこれが原因だと考えて間違いありません。肌の状態と関連しているものであるため、この原因も病的なものは違うと覚えておくことです。

結局、身体的な不調などによって目の下が痛くなるのは、血行不良などを原因とした青っぽい症状がほとんどであることがわかります。特に、女性の人はこういった目の周りの色素の変化が敏感であるということを理解しておくことが大切です。

実際に、女性は男性と比較しても冷え性になりやすい体質ですし、ホルモンバランスが変化しやすい傾向もあります。肌が白い人は色素沈着が見えやすい状態になってしまいますので、目の周りの状況をみて病気だと判断してしまう人もいます。

ただ、こういった症状は1つではなく原因を分けると押すと痛い症状は限られていることがわかります。実際に押すと痛いと感じた場合には、他に身体的な不調や仕事のストレスなどがないかを確認しておくとわかりやすいです。

最終更新日

くまの原因 , ストレス , ホルモンバランス , 疲れ , 紫外線対策 , 色素沈着 , , ,