ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

気になる目の下 くまと便利なアイマスク

目の下 くまに悩んでいる女性は多いです。くまには3種類のタイプがあります。自分のくまのタイプを知ることで、最も合う対処法を見つけることができます。そっと目尻を引っ張ってみたときに、くまが動かない状態であれば青くまになります。

青くまは、睡眠不足や血行不良により生じます。改善したい場合は、目元の血行をよくすることが重要に成ります。目尻を引っ張ってくまが消える倍は、黒くまです。

黒くまは、加齢による下まぶたのたるみやシワ、むくみにより生じます。目尻を引っ張ったときに、皮膚と共にくまも引っ張られる場合は茶くまです。

茶くまは、皮膚に対する刺激で生じる色素沈着になります。目元の皮膚は薄いので、クレンジングの際に強く擦ると色素沈着が起きやすいです。アイメイクは専用のリムーバーを使用して優しく落とします。

紫外線を浴びるとメラニンが生成され色素沈着が残りやすくなるので、日焼け止めを塗るなどして日頃からUVケアを欠かさないようにします。

30代に入ると目元がたるみやすくなり、目の下が膨らんでくまが目立つようになります。目の下のふくらみは、眼球を支えている靭帯が緩むことで生じます。老化によって靭帯が緩むと、眼球をクッションとなって支えている眼窩脂肪が押し出されることがあります。

脂肪が原因で目の下が膨らむと、たるんだように見えてしまいます。目の下にたるみがないのに、たるみのように見えるので悩んでいる女性は多いです。

くまを解消する方法には様々な方法がありますが、毎日のケアに簡単に取り入れられるのがアイマスクです。特にホットアイマスクは効果的なので、口コミでも人気があります。

ホットアイマスクを使うと目元の血行がよくなるので、くまの解消が期待できます。ドラッグストアやネットショップでは様々なタイプのホットアイマスクが販売されていますが、大きく分けて使い捨てタイプと電子レンジで加熱するタイプがあります。

忙しくて時間がないときや旅行のときに便利なのが、使い捨てタイプです。発熱時間は5分から15分前後で、1回分のコストも100円前後なので気軽に使うことができます。

コストパフォーマンスに優れているのが電子レンジ加熱タイプです。自宅に電子レンジがあれば、繰り返し使えるので経済的な負担を抑えることができます。発熱時間は約5分で、200回から250回ほど使用することができます。

1回分が5円程度と安いため、主婦を中心に人気を集めています。価格は高くなるものの、マッサージ機能がついた多機能ホットアイマスクもあります。温感機能だけでなく、積極的な目元ケアができるので好評を博しています。好みのモードを選ぶことで、エステサロン並みのリラックス効果が期待できます。

小豆を使った目元用マスクも根強い人気を誇ります。小豆に含まれている水分を加熱し、蒸気を発生させます。ムラなく温めることができ、天然の力を使うので安心感もあります。

色素沈着が原因のくまには、ビタミンC誘導体やプラセンタが配合されたアイマスクが効果的です。ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく壊れにくいという特徴があります。

メラニンを還元する作用があり、肌のターンオーバーを促します。コラーゲンの生成をサポートするので、エイジングケア効果も期待できます。刺激による色素沈着やシミに働きかけ、本来の透明感のある肌に戻します。

ビタミンC誘導体を継続して使うことで美白効果が期待できます。プラセンタはビタミンC誘導体と同様に美白効果で有名です。美肌の維持に必要なアミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富なので肌の内側から美しくしていきます。ビタミンC誘導体とプラセンタの相乗効果で、気になるくまを目立たなくすることが可能です。

最終更新日

くまの原因 , アイマスク , 茶くま , 青くま , 黒くま