ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

目の下のくまができる原因

目の下のくまは美容の天敵です。疲れているといつの間にかできてしまい、年齢よりも老けた顔で見られ、「疲れていそう」と心配される始末。芸能人もテレビ業界という中で多忙なためか、目の下にくまをつけてきれいな顔を台無しにしている場面も多く見られます。

しかし芸能人ほど忙しいわけでもないのに、なぜか目の下にくまができて不思議に思うこともあるでしょう。「しっかりと睡眠をとって寝不足じゃないはずなのにおかしい」と不思議に思うこともあるでしょう。

この私たちを老け顔に見せたり疲れ顔に見せている原因は、実は1種類だけではないのです。大きく分けて青・黒・茶の3種類あり、それぞれに原因は異なるので注意が必要です。

青の場合は、主に血行不良が原因です。会社や家事、子育てなどで忙しくなってくると、寝不足になります。さらには日本だけでなく世界中でも所持率が増加し続けるスマートフォンなどの画面を見すぎて眼精疲労になり、目の周りに張り巡らされている毛細血管の血流が滞ってしまい、目の周りの薄い皮膚に覆われている部分に滞った血液が空けて汚く映ってしまうのです。

また睡眠不足だけでなく、不規則な生活や食生活の乱れ、ストレスなども良くありません。その他にも冬場などの体の冷えも良くありません。

青かどうかを確かめる方法としては、目の下を温めながら強すぎないマッサージを施して、自分の顔が明るくなるようであれば当てはまります。解決方法としては血流を上げられるマッサージや化粧品を使い、十分な休息をとってしっかりと眠ることが大事です。

黒の場合は、目の下の皮膚がたるんでしまっていることが原因です。年齢を重ねていく上で、目の周りの筋肉は衰えていきます。さらにエラスチンや真皮層のコラーゲンの量が少しずつ減っていき、お肌にはどんどんハリが失われていくのです。そうするとたるんでしまい、その影が黒く見えてしまいます。さらにむくみがある場合にはより目立ちます。

黒かどうか確かめる方法としては、しばらく上を向いてみたり、指でたるみを伸ばして引っ張ったりしたときに消えるのならば当てはまります。目の周りのハリを取り戻すアイリームでケアすることで解決することがあります。また目の周りの筋肉を鍛えるトレーニング方法を試したり、目の周りのマッサージを行うのもよいでしょう。

茶の場合は、目がかゆいからといってこすったり、メイクや洗顔といった肌に直接刺激を与えることによって生まれるシミや色素沈着が原因となります。また同時に角質の肥厚が上げられることも言えます。目の周りの皮膚は薄いため刺激に弱いです。そのうえ皮脂線も少ないため乾燥しやすく、ちょっとしたことでも傷がつきやすくなっています。

「睡眠をしっかりとって寝不足で向ないはずなのにおかしい」と思ったいた場合はこれが当てはまります。特に花粉症の人や目をこすることが癖になっている人などは、無意識のうちに触り続けてしまい、結果として色素沈着をうながしている可能性があります。

茶かどうかを確かめる方法としては、青や黒のときのように、引っ張ったり上を向いたり、マッサージで血行を良くしてもくまが消えないままかどうかです。美白化粧品を使ったスキンケアを心がけるのが有効で、シミの原因となる紫外線対策をすることも重要となります。

このように目の下のくまには、それぞれ元となる要因はことなります。解決する方法としては、自分がどういったことでくまができているのかをしっかりと知り、自分の症状に合った処置を施す必要があります。しっかりと問題を突き止められ、解決することができれば、元の明るくきれいな目元を取り戻すことが可能です。

最終更新日

疲れ顔 , 皮膚のたるみ , 眼精疲労 , 老け , 色素沈着 , , 血行不良 , ,