ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

目の下のくまと肝臓の関係

目の下にできるくまには、実は肝臓の状態が深く関係していることが少なくないです。
目は思った以上に大量の血液を必要とするので、内臓の働きが鈍ったり低下すると、その影響が目元に現れます。

例えば、眼精疲労は代表的な症状の1つですし、寝不足や疲れは目を見れば誰でも分かります。
また視界がぼやけたり霞むといった変化も、内臓の疲れと血液量の低下が原因になりがちです。

視力の低下を感じたり、ドライアイで目の乾燥が気になる場合も、体内に原因がある可能性が高いといえます。
白目が血走ったり、目元にしわが増えたようであれば、目の下のくまと併せて要注意となります。

目は心だけでなく肝臓の窓ともいわれているので、沈黙の臓器といっても変化が目元に出るものです。
栄養の貯蔵や有害物質の分解と無害化に、食べ物を消化する胆汁の合成や分泌を行っている臓器です。

つまり、食事と密接に関係がありますから、内臓に負担が掛かる食べ過ぎは避けた方が良いでしょう。
沢山食べれば健康というわけではなく、健康だからこそ食べられますし、無理が続けば内臓は悲鳴を上げてしまいます。

しかし、肝臓は沈黙の臓器でギリギリまで何もいいませんから、代わりに目の下のくまとなって状態を表します。
有害物質の無害化を行い続ける際も、内臓の負担が目元に表れるので、これらの症状が見受けられる時は要注意です。

過度に飲酒をしたり感染性の病気に罹患している場合は、症状が長引いて悪化することがあります。
気がついてからでは手遅れになることが少なくないので、目元に変化を感じたら観察を行い、長引くようであれば受診するのがベストです。

一般的に、目の下のくまは前日の疲れが残ったものですから、食事や睡眠でケアを行うことが重要です。
食事は腹八分目を心掛け、飲酒は控えめにして間食は避けるのが理想的です。

1日の疲れは入浴によって癒やし、早めに就寝して十分に疲労を回復することが、肝臓の健康維持に繋がります。
運動は血液の循環に良いですから、最低でも週数回のペースで、無理なく汗を掻ける運動に取り組むことをおすすめします。

目の下にくまができると、多くの人は目の疲れだと考えて目元に直接アプローチしますが、肝臓の状態変化も関わってくるので注意が必要です。

見た目や表情は気になるので、目元をスッキリと改善させたいのは誰でもそうですが、目元にだけアプローチするのは間違いです。

肝臓の機能が高まると、目の血液の循環も改善しますから、結果的に目の下のくまは薄くなって表情が変わります。
基本的には、食事のバランスと摂取量を見直したり、暴飲暴食を避けることで改善が行えます。

更に、消化を助ける食事の摂り方や、サプリメントを使った栄養の補助も有用だといえるでしょう。
サプリメントに頼り過ぎるのは良くありませんが、適量なら健康状態の改善や維持に役立ちます。

運動不足や睡眠不足は内臓の働きに直結するので、いずれかに心当たりがある場合は、なるべく早めに改善に取り組む必要があります。
生活習慣の改善が中心となりますから、症状が気になったり長引くようであれば、医師に相談してアドバイスを受けるのが良いです。

血糖値が高めに出る糖尿や、脂質の代謝異常が隠れていることがあるので、油断や後回しをせず早めに原因を特定することが大事です。
今のところ特効薬に当てはまる治療法はないですから、生活習慣の改善で取り組むことが不可欠です。

1日30分程度歩くだけでも違ってくるので、早めに家を出て通勤中に歩くようにしたり、車よりも地下鉄や電車で移動すると効果的です。
前日の徹夜や寝不足に限らず、日々の生活習慣が結果に出るので、改善には毎日の生活を見直すことがポイントになってきます。

最終更新日

生活習慣 , 疲れ , 疲労回復 , 眼精疲労 , 睡眠 , 睡眠不足 , 肝臓 , 運動 , 食生活