ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

目の下のくまはヒアルロン酸注射で解消できる

年齢を重ねるにつれて、目の下のくまが目立ってきてしまう傾向にあります。目立っていると、傍目からはすごく疲れているように見られる上に実際の年齢よりも老けた印象になってしまいます。くまはスキンケアやエステなどではなかなか改善することができず、コンプレックスに感じる女性は多いものです。

実は、美容クリニックのヒアルロン酸注入によってくまを改善することが可能です。一口にくまといっても色々な原因によってできますが、ほとんどのものは目の下が窪んで影ができることで生じることが多いです。影によってできるタイプは、遺伝的な要素に左右されて生じるケースが大半といえるでしょう。

例えば、両親のどちらかに影によるくまがあると、自身にも将来的に出てくる可能性がとても高いといえます。というのも、眼球の周りの骨格、顔周りの脂肪や筋肉の付き方が影響して生じやすくなるからです。

しかし、ヒアルロン酸を窪みに打つことで、皮膚が平らになって一切影ができなくなります。その結果、くまに悩まされることがなくなり、若返りを図ることができるというわけです。

目の下にヒアルロン酸を注入する場合、普通のヒアルロン酸ではなく、粒子が細かくて柔らかいものを使うことが特徴です。というのも、目の下の皮膚は他の部位と比較して、非常に薄くて繊細だからです。通常の硬くて粒子が大きいヒアルロン酸を注入すると、表面が凸凹になってしまうリスクがあります。

評判がよくないクリニックだと、普通のヒアルロン酸を注入することが稀にあります。なので、カウンセリング時にきちんと担当する医師に確認した方がいいでしょう。

ただ目の下という皮膚が薄い場所に注射を打つことになるので、施術時には痛みを感じないのか不安に感じる方は非常に多いです。基本的にヒアルロン酸注射の痛みというのは、針を皮膚に刺した時とヒアルロン酸を注入する時に感じるものです。

ほとんどの美容クリニックでは、注入する際に使用する針は30Gという髪の毛と同じくらいの細いタイプを使っています。そのため、それほど強い痛みはなくて我慢できるレベルです。

ただ極度に不安を感じたり、緊張したりする患者もいるので、多くのクリニックでは塗る麻酔剤や麻酔入りのヒアルロン酸も用意しています。なので、痛みに敏感で施術に対してすごく不安だという方はカウンセリング時に気軽に相談してみるといいでしょう。

このヒアルロン酸注入の最大のメリットは、すぐに効果を実感できることです。実際、私もクリニックで注射を受けたのですが、すぐに目の下の窪みが平らになって陰が目立たなくなりました。

細い注射を使っているので患部が大きく腫れることもなく、翌日に普通に出勤することもできました。注射した後は氷嚢で患部を5分程度冷やしてから、すぐに帰宅できたのも嬉しかったです。

体に大きな負担とならない施術なので、コンプレックスに感じたらすぐに治療を受けられるのが魅力といえます。
ただいくら効果があるといっても、施術後は患部にトラブルが発生しないように注意すべきポイントがあります。

まず、施術を受けた直後は血流が良くなっているために、入浴をすると腫れが出やすくなります。したがって、体を清潔にしたい場合は軽めのシャワーに留めておくことが大事です。さらに、ヒアルロン酸を注入してからすぐに患部をいじらないように注意する必要があります。

外部から強い刺激を加えると、注入部位の皮膚や組織に炎症が起こって腫れてくる可能性があるからです。基本的にヒアルロン酸は、注入してから皮膚に馴染むまで数日ほどかかります。したがって、注入からしばらくは患部を必要以上に触らない方がいいでしょう。

最終更新日

ダウンタイム , ヒアルロン酸 , 影くま , 疲れ