ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

目の下の青いくまが気になる

目の下にくまがあるかどうかで顔の印象はかなり変わってきます。これがあるだけで老けた印象になってしまいますし、疲れたような印象を他人に与えてしまうこともあるでしょう。

酷くなると実年齢より10歳以上老けて見られることもあるのです。女性ならいつまでも若々しい印象をキープしたいものでしょう。そこで青いくまができてしまう原因や解消法について知っておくことが大切です。

くまが青っぽく見えるのは血行不良が原因とされています。目の下はもともとかなり皮膚が薄くデリケートな部分です。そのため顔の他の部分よりも皮膚から血管が透けて見えやすいのです。

血液の色が赤くなるのは鉄分と酸素が結合するためですが、血行不良になると酸素を運ぶ力が弱まってしまいます。結果として血管を流れる血が黒っぽい色になり、その黒っぽい血が肌を通すことで青い色に見えるということです。

日によって色の濃さが違うこともありますし、目の周囲や顔全体がむくんでしまうこともあります。目の下の悩みを隠すため、毎日のメイクに力を入れているという人も多いかもしれません。

メイクのポイントとしてはコンシーラーを乗せたら境界の部分を自然に暈すということです。コンシーラーは少しずつ重ねていき、全体のバランスを見ながら仕上げていきましょう。

細かい部分にも丁寧にメイクをすることが大切であり、しっかり塗ることで綺麗な仕上がりになります。コンシーラーの色は黄色やオレンジ系のものだと目元をカバーしやすくなります。

しっかりカバーしたいならスティック型が良いですが、自然な仕上がりにしたいならリキッドタイプが良いでしょう。また、乾燥肌の人も水分量の多いリキッドタイプのコンシーラーがおすすめです。

ンシーラーやファンデーションを駆使することにより、目の下のトラブルは応急的に隠すことができます。しかし、若さをキープするためには根本から原因を改善していくことが大切です。

青いくまは血行不良が原因であり、目元の血行を促進することで解消できるとされています。血行不良を改善する方法としてはまず、マッサージをするという方法があります。

最初にオイルやアイクリームなどを目元につけ、目頭から目尻に向かってゆっくり刺激していきましょう。上まぶたが終わったら次は下まぶたのケアをしていきます。

マッサージのやり方は簡単ですし、忙しい女性でもちょっとした時間で試すことができるのです。また、マッサージはあまり力を入れ過ぎないこともポイントです。

強く擦ってしまうと色素沈着などを起こすこともあるので注意しましょう。食生活を見直すということも効果的な改善方法です。目の下の青いくまが気になる場合、ビタミンEやビタミンK、葉酸、鉄分といった栄養素を積極的に摂取するのがおすすめです。

具体的にはアーモンドや納豆、ほうれん草、レバー、ひじき、パセリ、モロヘイヤといった食材を摂取していきましょう。また、根本的な原因である睡眠不足を解消することも重要です。パソコンやスマートフォンの使い過ぎが原因になってしまうこともあるため、適度に休憩をするなどの工夫が欠かせません。

血行不良を改善するためには十分な睡眠を取ることも大切です。あまり眠れなかった場合、目の周囲に温かいタオルと冷たいタオルを交互に当てるという方法があります。温めることと冷やすことを交互に繰り返すことにより、血管が刺激されてスムーズに血行を促すことができるのです。

さらに、眼精疲労が根本的な原因になっている場合、意識して大きく瞬きをして目の周りの筋肉を刺激し、血行を促進させるという方法があります。ちなみに、十分に眠っているのに改善しないという場合、色素の沈着が原因でくまができているのかもしれません。その場合は異なる対策が必要となります。

最終更新日

アイクリーム , オイル , コンシーラー , マッサージ , 疲れ顔 , 眼精疲労 , 睡眠不足 , 老け顔 , 血行不良 ,