ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

色素沈着による目の下 くまを改善

メイクをする際に目の下 くまが目立つ状態になっていると、ファンデーションを塗っても目元の色素沈着を綺麗にカバーすることが出来ないので、周りに疲れているという印象を持たれてしまいます。

目の下 くまがある状態は見た目よりも年齢が上に見えてしまうなど、老けた印象になる原因となるので少しでも透明感と目元にハリのある若々しい肌を手に入れる方法として、目元のくまをきちんと対策したいと考える方が増えてきています。

目元に出来るくまには血行不良によって皮膚が青黒く見えてしまう青クマから、加齢などが原因で目の下の皮膚がたるみ、影になった部分が黒く見えてしまう黒クマなどがあります。

この中でも特に症状が多いといわれているのが目の下の部分にメラニン色素が色素沈着することによって起こる茶クマで、紫外線によるダメージや肌の乾燥など肌トラブルが原因となって起こる特徴があります。

最近では洗顔やメイクによる過度な刺激も原因の一つになると考えられており、若い世代の方でも起こりうる症状の一つです。


最近では目元を綺麗にカバーしてくれるコンシーラーなども登場しています。メイクを落とした後は目元の暗さを隠すことが出来ないため、素肌のままでも表情が暗く見えてしまうのを改善したいという方や、メイクでは綺麗にカバーすることが出来ない濃いくまを綺麗にしたいという方を中心に、美容皮膚科クリニックなどで治療を受ける方が増えてきています。


実際にクリニックで行われている治療方法には、色素沈着が原因で起こる茶クマの場合特殊なレーザー機器を利用して目元の色素沈着を改善していく方法が効果的です。目元に出来てしまっている色素沈着は、肌に出来るシミと比較的同じ特徴を持っているので、シミ治療と同様にレーザー機器を利用して施術を行うことになります。


レーザー治療はメラニン色素など肌にあらわれている特定の色素のみに反応する特徴があり、色素沈着の色素の深さにあわせて医療機器が肌質にあった照射パワーを設定して治療を行っていくことが可能です。ピンポイントで照射出来ることや、2つの波長を使い分けることにより皮膚の浅い層から深い層まで全ての色素をレーザー照射で破壊し、シミやアザといったメラニン色素を除去することが出来ます。


レーザー機器を肌に使用するというと、火傷やダウンタイムの心配をする方は多いのですが、医療機関ではあらかじめ目の下のくまの状態を医師が確認し、使用する肌の部位にあわせて照射パワーを調整するので、施術を受ける方の状態にあった治療が受けられる点が最大のメリットです。

また近年医療機関で導入されているレーザー機器は性能が向上しており、最新機器などは非常に短い期間で主観的にレーザー照射を行うため、照射範囲の周りの組織を傷つける心配がなく、皮膚のダメージを最小限に抑えることができるのでどんな色素でも確実に破壊することが可能です。


目の下のくまを治療する場合は、メラニンが沈着している度合いによって何度か繰り返しレーザー治療を行っていくことが一般的です。茶クマの特徴として目の下の深い部分にメラニン色素が沈着していることから、レーザー治療と同時にメラニン色素を排出させる外用薬を一緒に使用していくことが大切です。


外用薬にはビタミンAの一種であるレチノイン酸が配合されたものが処方されることが多く、目元に使用することで肌のターンオーバーを活発化させることが可能です。使い始めは薬の作用で肌がヒリヒリしたり、赤みが出ることはありますがこれは成分がきちんと作用しているサインでもあるので、継続して目元に適量を塗布するようにしましょう。継続することで目元の茶クマが改善され、明るい目元に仕上げることが出来ます。

最終更新日

Uncategorized