目の下の茶色のクマ、茶クマ対策ってどうすればいい?

トピックス
スポンサーリンク

目の下のクマの原因と”クマ対策”

目の下クマができたという時にはショックですが、 生活習慣を改善すると言った方法を試しながら、早めにクマを改善することが大切です。 目の下にできるくまは睡眠不足が原因担っている場合が多いと言われ、加齢などもそうした原因になっていると言われています。

目の下の青クマから茶クマに?クマの種類の違いを解説

こうした寝不足によってできるのが青っぽいくま(=青クマ)です。 このタイプであれば、ぐっすり睡眠をとることによって改善を図ることが可能です。 しかし、何度もこうしたクマができるような生活を続けていたり、花粉症などで目が痒くて 目をこすったりしていると、だんだんと色が定着するという色素沈着の上にタイになってしまうのです。

そうなると、色は青ではなく茶色っぽくなってきてしまって、なかなか治らないということになってしまいます。(=茶クマ) 色素が定着しているタイプのものは、こうなると普通の対処法では取れなくなってしまうと言われていますので、 できるだけ予防を行うようにすることが大切です。

目の下の茶クマにはビタミンC誘導体が効く!

茶色タイプのものができているという場合、抗酸化力を高める方法が有効だと言われており、 ビタミンCの豊富な食べ物を摂ることがおすすめです。 ビタミンCをたっぷりと摂取する方法やビタミンC誘導体配合のコスメを使うと言った方法で改善を図ります。 このタイプのものは紫外線などを浴びているとできやすくなると言われていますので、 アイクリームで保湿したりこすらず強く刺激しないようにしましょう。 目の周りが痒いといって掻いてしまうと色素が定着してしまいやすくなってしまいます。
まずは予防を心がけるということが重要です。 しかし、できてしまってなかなか解消しないという場合、どうしたらいいのでしょうか?

基本的に目の周りは細い血管が多くあり、ちょっとした刺激で切れて鬱血するということになっているのです。 そのため、目の下にクリームを擦り込むように塗るというのは逆効果です。 できるだけ優しく触れるれるようにして、目の周りの筋肉を鍛えるとダブルで効果があるといえます。

目を大きく見開いて眼球を左右上下に動かしたり、ぐるりとまわしたりすると筋肉をつけることができます。 そうなると目の下の結果の血流が良くなって、新陳代謝も活発化して薄くなると言われているのです。 また、色素沈着はマスカラなどのアイメイクをしっかり落としていなかった事でも起こりやすくなると言われています。 メイクをしっかりとオフするということも重要です。 ただし、この時、アイメイクをしっかりオフしたいからという理由で擦りすぎてしまうと逆効果になってしまいます。

優しくしっかりと落ちるメイクオフを用いて、優しくできるだけ刺激をしないようにアイメイクをオフしていきましょう。 その後、たっぷりとビタミンCが配合されているコスメで肌を整えるようにしてみるのはおすすめです。
プチプラ化粧品より少し値は張りますがデパコスでアイクリームや美容液を購入するのがおススメです。 最近ではドラックストアなどでも効果の期待できるアイクリームや美容液も手に入りやすいので早めにくま対策をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました