気になる目の下の青クマの原因って?セルフケアで解消できる!?

トピックス
スポンサーリンク

実年齢よりも老けて見えてしまう目の下の青いくま

目の下くまがあるかどうかで顔の印象はかなり変わってきます。これがあるだけで老けた印象になってしまいますし、疲れたような印象を他人に与えてしまうこともあるでしょう。
酷くなると実年齢より10歳以上老けて見られることもあるのです。中には、生まれつきクマが目立つ顔つきの方もいて、実年齢よりも老けて見える経験を昔からしてきた方も少なくないでしょう。女性ならいつまでも若々しい印象をキープしたいものでしょう。そこで青くまができてしまう原因や解消法について知っておくことが大切です。

なぜ、青クマができるの?

目の下の青くまが消えない原因は、血行不良が原因とされています。目の下はもともとかなり皮膚が薄くデリケートな部分です。そのため顔の他の部分よりも皮膚から血管が透けて見えやすいのです。血液の色が赤くなるのは鉄分と酸素が結合するためですが、血行不良になると酸素を運ぶ力が弱まってしまいます。結果として血管を流れる血が黒っぽい色になり、その黒っぽい血が肌を通すことで青い色に見えるということです。日によって色の濃さが違うこともありますし、目の周囲や顔全体がむくんでしまうこともあります。

目の下のくまをすぐに改善したいと感じ、毎日のメイクに力を入れているという人も多いかもしれません。

睡眠不足、鉄分不足、スマートフォンの使い過ぎが原因の青クマ

青クマの最も多い原因は、鉄分不足による血行不良です。睡眠不足、疲労、運動不足、鉄分不足などが引き金になることが多いようです。鉄分が不足すると、酸素を十分に運ぶことができず、血行不良を起こしやすくなり、目の下のクマだけでなく、冷え性や肩こり、腰痛などの悩みも増えてきます。さらに、パソコンやスマートフォンなどで目を酷使することで、顔の血行が悪くなり、青クマができるケースも増えているようです。

すぐに目の下のクマを改善したい方はメイクがオススメ

メイクのポイントとしてはコンシーラーを乗せたら境界の部分を自然に暈すということです。もし、それでも目の下のくまが消えないという場合は、コンシーラーは少しずつ重ねていき、全体のバランスを見ながら仕上げていきましょう。細かい部分にも丁寧にメイクをすることが大切であり、しっかり塗ることで綺麗な仕上がりになります。コンシーラーの色は黄色やオレンジ系のものだと目元をカバーしやすくなります。
しっかりカバーしたいならスティック型が良いですが、自然な仕上がりにしたいならリキッドタイプが良いでしょう。また、乾燥肌の人も水分量の多いリキッドタイプのコンシーラーがおすすめです。

すぐに目の下のくま消したいという方にはとても有効な方法です。
しかし、若さをキープするためには根本から原因を改善できる消し方を行うことが大切です。

マッサージで目の下の青くまを改善する

青くまは血行不良が原因であり、目元の血行を促進することで解消できるとされています。血行不良を改善する方法としてはまず、マッサージをするという方法があります。最初にオイルやアイクリームなどを目元につけ、目頭から目尻に向かってゆっくり刺激していきましょう。上まぶたが終わったら次は下まぶたのケアをしていきます。マッサージのやり方は簡単ですし、忙しい女性でもちょっとした時間で試すことができるのです。また、マッサージはあまり力を入れ過ぎないこともポイントです。強く擦ってしまうと色素沈着などを起こすこともあるので注意しましょう。
色素沈着が起きてしまうと、茶クマの原因にもなりますので優しく行いましょう。

目の下の青クマを食事で改善する

また、食活を見直すということも効果的な改善方法です。目の下の青くまが気になる場合、病気の前兆ということも考えらます。ビタミンEやビタミンK、葉酸、鉄分といった栄養素を積極的に摂取するのがおすすめです。具体的にはアーモンドや納豆、ほうれん草、レバー、ひじき、パセリ、モロヘイヤといった食材を摂取していきましょう。これによって、病気を未然に防ぐことも可能です。

血行不良による青いクマ必要な食べ物

ほうれん草…鉄分

ほうれん草は、貧血の心強い味方としてよく知られている食材です。造血作用のある鉄や葉酸に加え、ほうれん草にはビタミンB群も豊富に含まれています。青クマ撃退に最適な食材です。
また、鉄分の吸収をサポートするビタミンCも含まれているので、貧血や青クマなどの体調不良を予防することができます。
実はほうれん草には、体細胞の老化を防ぐ抗酸化物質であるβ-カロテンも含まれています。アンチエイジング効果も期待できるため、クマ予防の心強い味方といえるでしょう。

ひじき…鉄分

ひじきも鉄分を多く含む食品として有名です。青クマの身体的影響に対抗するのに役立ちます。
ひじきは他の食材と組み合わせやすい食材なので、他の青クマに効果的な食材と組み合わせたり、普段の食事に取り入れたりして、日常的に青クマを予防していきましょう。

レバー、内臓類…タンパク質

貧血を引き起こす要因として、タンパク質不足、鉄分不足が挙げられます。体力をつけ、造血を促進するために、豚肉、牛肉、鶏肉などを積極的に食べて、タンパク質を補いましょう。中でも、レバーやアキレス腱、タンなどの内臓肉は鉄分が豊富です。
レバーなら鶏レバーがおすすめですが、毎日無理なく食べられるお肉で体力をつけ、貧血を予防しましょう。

あさり、しじみ…ビタミンB12

ビタミンB12が含まれているあさりやシジミは貧血を予防したいときにおすすめです。ビタミンB12は赤血球の生成を助け、血流の促進をサポートしてくれます。あさりとしじみ入りの温かいお味噌汁や、他の食材と組み合わせてパスタにするなど、料理に使いやすい食材でもあります。

アスパラガス…ビタミンB補給

アスパラガスは鉄分のほか、ビタミンB群や葉酸や、さらに鉄分、ビタミンB群、葉酸のほか、抗酸化作用のあるルチンというビタミンも含んでおり、貧血のサポートに優れた食品です。

アスパラガスは、他の野菜と一緒にサラダやパスタにしたり、ベーコンや肉類と一緒に使ったりすることができます。

ナッツ類…ビタミンE

血行不良の予防や緩和には、ビタミンEが豊富なナッツ類、アーモンド、クルミ、カシューナッツなどがおすすめです。ナッツ類にはビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれており、疲労回復や倦怠感の改善効果も期待できます。

睡眠不足を解消して目の下の青クマを改善する

また、根本的な原因である睡眠不足を解消することも重要です。パソコンやスマートフォンの使い過ぎが原因になってしまうこともあるため、適度に休憩をするなどの工夫が欠かせません。血行不良を改善するためには十分な睡眠を取ることも大切です。メイクで改善をするよりも、即効性のある方法ですぐに効果を感じることができるかもしれません。あまり眠れなかった場合、目の周囲に温かいタオルと冷たいタオルを交互に当てるという方法があります。温めることと冷やすことを交互に繰り返すことにより、血管が刺激されてスムーズに血行を促すことができるのです。

さらに、眼精疲労が根本的な原因になっている場合、意識して大きく瞬きをして目の周りの筋肉を刺激し、血行を促進させるという方法があります。ちなみに、十分に眠っているのに改善しないという場合、色素の沈着が原因で茶くまができているのかもしれません。その場合は異なる対策が必要となります。

目が疲れない環境づくりもクマ対策に重要

近年では、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などの媒体を利用してインターネットなどから情報を得ることやSNSなどでコミュニケーションをとる、ゲームや動画などを楽しむなどさまざまな便利に利用できるサービスが増えているため利用している方も多いでしょう。ですが、画面を見る時間が長ければそれが目に対して負担となることも多く、日常的にそのような生活が続いてしまうことで疲れ目になりやすい傾向があります。そのため、一度自分の生活状況を振り返り目が疲れやすい生活をしていないかチェックしてみるといいでしょう。

肩こりや首のこりなどに関しても定期的なマッサージやストレッチなどをすることにより、こりをほぐしていくということが大切です。こりが原因で、血行不良になることでくまだけでなく頭痛の原因にもなるため定期的にマッサージやストレッチなどを行うことがおすすめです。

このようにさまざまな方法で対策をしてみること、そして、肌のたるみなどを防ぐために生活習慣、食生活の改善、保湿を重視したスキンケアなども日々、行っていきましょう。肌の状態がいい状態に保てれば肌のハリなども保つことになり、たるみ対策をすることにもなります。

生まれつきと諦めずに目の下のクマを改善しよう

生まれつき目の下のくまが酷いからとあきらめるのではなく、気になったこのタイミングでアクションを起こしてみましょう。即効性のあるものだけではなく根本的な改善もあわせてアクションをとることを忘れないでください。昔よりも若々しいあなたに出会えるはずです。

目の下のクマには日々のケアがとても大切

年齢などにもよりますが、くまが目立つ状態は年齢よりも老けて見えることも多いため、少しでも状態を改善していくことで年齢相応や年齢より若くみられるように肌をよりよい状態に保つためにいろいろと対策をしていくことが最も重要です。きれいな肌を保てれば、周囲からのイメージアップにもなり自分に対しても自信がつくことになります。見た目に自信がつくことで、積極的な行動やポジティブな思考を保てることもあるでしょう。また、初対面の方などは見た目のイメージというのはとても大切です。

仕事やプライベートでも人とコミュニケーションをとるという場合に、見た目がよくなることでメリットは大きいといえます。肌の状態を改善すること、生活習慣などの改善、スキンケアをしっかりと行い、美容を意識しながら肌の状態をよりよい状態に保っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました