気になる目の下の青クマの改善をサポートする食べ物とは?

トピックス

目の周りの皮膚は薄いので、血行が悪くなるとすぐにクマや色素沈着が起こります。そのため、長時間目を酷使したり、睡眠不足、冷え、ストレスなどで血行が悪くなり、目の下にクマができることがあります。

スポンサーリンク

目の下のクマ対策は食生活の改善から

目の下のクマは、睡眠不足だけが原因ではありません。栄養不足、体調不良、ホルモンバランスの乱れ、加齢…あらゆる体の変化が、目の下のクマの原因になります。
目の下のクマ対策は、食生活の見直しやクマの色のチェックなど、体調を整えることで可能です。
ここでは、目の下の青クマの予防や緩和に効果的な食べ物や、選び方、活用方法などをご紹介します。

睡眠不足、鉄分不足、スマートフォンの使い過ぎが原因の青クマ

青クマの最も多い原因は、鉄分不足による血行不良です。睡眠不足、疲労、運動不足、鉄分不足などが引き金になることが多いようです。鉄分が不足すると、酸素を十分に運ぶことができず、血行不良を起こしやすくなり、目の下のクマだけでなく、冷え性や肩こり、腰痛などの悩みも増えてきます。さらに、パソコンやスマートフォンなどで目を酷使することで、顔の血行が悪くなり、青クマができるケースも増えているようです。

血行不良による青いクマ必要な食べ物

ほうれん草…鉄分

ほうれん草は、貧血の心強い味方としてよく知られている食材です。造血作用のある鉄や葉酸に加え、ほうれん草にはビタミンB群も豊富に含まれています。青クマ撃退に最適な食材です。
また、鉄分の吸収をサポートするビタミンCも含まれているので、貧血や青クマなどの体調不良を予防することができます。
実はほうれん草には、体細胞の老化を防ぐ抗酸化物質であるβ-カロテンも含まれています。アンチエイジング効果も期待できるため、クマ予防の心強い味方といえるでしょう。

ひじき…鉄分

ひじきも鉄分を多く含む食品として有名です。青クマの身体的影響に対抗するのに役立ちます。
ひじきは他の食材と組み合わせやすい食材なので、他の青クマに効果的な食材と組み合わせたり、普段の食事に取り入れたりして、日常的に青クマを予防していきましょう。

レバー、内臓類…タンパク質

貧血を引き起こす要因として、タンパク質不足、鉄分不足が挙げられます。体力をつけ、造血を促進するために、豚肉、牛肉、鶏肉などを積極的に食べて、タンパク質を補いましょう。中でも、レバーやアキレス腱、タンなどの内臓肉は鉄分が豊富です。
レバーなら鶏レバーがおすすめですが、毎日無理なく食べられるお肉で体力をつけ、貧血を予防しましょう。

あさり、しじみ…ビタミンB12

ビタミンB12が含まれているあさりやシジミは貧血を予防したいときにおすすめです。ビタミンB12は赤血球の生成を助け、血流の促進をサポートしてくれます。あさりとしじみ入りの温かいお味噌汁や、他の食材と組み合わせてパスタにするなど、料理に使いやすい食材でもあります。

アスパラガス…ビタミンB補給

アスパラガスは鉄分のほか、ビタミンB群や葉酸や、さらに鉄分、ビタミンB群、葉酸のほか、抗酸化作用のあるルチンというビタミンも含んでおり、貧血のサポートに優れた食品です。

アスパラガスは、他の野菜と一緒にサラダやパスタにしたり、ベーコンや肉類と一緒に使ったりすることができます。

ナッツ類…ビタミンE

血行不良の予防や緩和には、ビタミンEが豊富なナッツ類、アーモンド、クルミ、カシューナッツなどがおすすめです。ナッツ類にはビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれており、疲労回復や倦怠感の改善効果も期待できます。

タイトルとURLをコピーしました