目の下のくまは病気の可能性有り

トピックス
スポンサーリンク

目の下のくまの原因は、単なる寝不足だけじゃない

目の下にくまが出来た時、多くの方は寝不足のせいだと考えます。
もしくは加齢によりたるみが原因で出来たと考える人が多いでしょう。

ですが、実はただの寝不足や加齢ではなくて病気の危険でなっている場合があります。
特に毎日たくさん寝ていて寝不足でもないのに目の下のくまが消えない年齢が若い男性幼児は要注意です。

目の下のくまの原因として考えられる5つの病気

そこで今回はどのような病気があるのかをお話しします。

目の下のくまの原因1、貧血症

まず最初は貧血症です。
貧血症は鉄分が不足して血液中のヘモグロビンが減ることで起きます。この祭には青っぽいくまが目の下に出来ることが多いです。特に若い女性の方がなりやすいのが特徴で、普段よりも疲れやすかったり身体がだるかったり感じる症状が出たら貧血症を疑ってみて下さい。

目の下のくまの原因2、バセドウ病

2つ目はバセドウ病です。
バセドウ病はのどぼとけの下にある甲状腺と呼ばれる所が異常を起こすことでなります。甲状腺で作られている甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。
この時の症状で眼球が突出するという症状があり、突出することによって眼窩脂肪と言う眼球の下にある部分がたるんだ形になります。たるむと黒いくまのような症状が現れます。

目の下のくまの原因3、肝機能や腎機能の低下

3つ目は肝機能腎機能の低下です。
腎臓や肝臓にたくさんの負担が掛かると機能の低下が起こります。機能が低下することで体内に流れている血液の流れが悪くなり目の下が黒くなります。

お年寄りがどちらかというとなりやすいですが、生活習慣によっては若い方でも機能の低下は起こります。特にお酒が好きな男性や甘いものが好きな女性や幼児でも腎臓や内臓の機能低下は起きることです。
また、仕事をしている人もいっぱい働いて過労気味な場合は臓器が疲れてしまうので低下する傾向があります。すぐにどうなるという病気ではありませんが、放置しておくのは良くないので生活習慣を改善するようにしましょう。

目の下のくまの原因4、アトピーや花粉症などの皮膚炎

4つ目はアトピー花粉症などで起きる皮膚炎です。皮膚炎で出る症状は目の周り全体が黒っぽくくすんだ形となって現れます。目の周りにある皮膚に花粉やアレルギー成分であるものが付着することで茶色っぽい色をしたくまが出来ます。

なぜ茶色なのかというと色素沈着を起こすからです。放置することでシミになってしまい自然に取れなくなってしまいます。自分では解決するのが難しいので症状が現れたら早いうちに病院へ行くのが良いです。
黒ではなく茶色として現れるのがこの病気のポイントです。

目の下のくまの原因5、うつ病

5つ目は最後になりますが、うつ病です。うつ病は一度は聞いたことがあると言う人は多いでしょう。精神的疾患で一度なると改善するのが難しいです。うつ病では目の周りが青白っぽくなります。

目だけではなくて口の周りもなるのが特徴です。なぜ青白くなるのかと言うと自律神経が乱れているからです。自律神経が乱れると口の周りや目の周りにある筋肉に血液が流れづらくなります。うつ病になると自分では中々病院へ行こうという気にはなりませんが、自覚があるのならすぐに病院へ行って治療を開始しましょう。
精神的な物なのですぐに良くなるというのは難しいですが、しっかり病院に行けば目の下のくまの原因がわかり治す方法も教えてくれるでしょう。

以上の5つが目の下にくまが出来た時に病気の可能性があるものです。
もちろんただの寝不足や加齢によって、たるんだことが原因で出来る場合もあるので、出来たからと言って慌てる必要はありません。

目の下のくまは身体の不調を表しているかも

疲れている時や生活習慣が変わった時は特に出来やすいので、一度出来たらまずは生活習慣で変わった所はないか確認してみましょう。ずっと消えない場合や寝不足や加齢でもないのに出来た場合は一度病院へ行くのをお勧めします。病気だったら放置しておくことで悪化する危険もあります。

くまができたら、消し方をネットで調べて隠すだけの対応をしてしまいがちですが、病気も疑ってみると良いでしょう。目の下のくまは、身体の不調を表しているということを頭の隅に置いていていただき、早めに病院に行って治す方法を実行するようにしましょう。身体の不調を改善することがほんとの意味での、目の下のくまの消し方につながるはずです。

 

タイトルとURLをコピーしました